MENU

急にお金が必要になった時は?!

借入サービスは昔より身近な存在になったとは言え、まだまだ誤解されている部分も多いようです。
例えば、金融機関が高く評価する人物像に関しても勘違いしている方が少なくありません。
有名企業や公務員で年収が高い人物だけが、お金を借りることができると思い込んでいませんか??

 

確かに一流企業に正社員雇用され、勤務年数も長い人物はプラス評価されますが、高額の借入金額を希望している場合は警戒されます。
既に複数社に申し込んでいる場合は断られる確率が高いでしょう。
同様に、過去金融トラブルを起こしている場合や就職、転職直後、同居している家族の借入履歴に問題がある場合も警戒されてしまう可能性があります。

 

反対に、無名の会社に非正規雇用されている人物でも、安定収入があり長年勤めている実績があれば、借り入れ先も快くお金を貸してくれます。
このサイトでは偏見に踊らされず不要な不安を感じない為にも、借入の正しい最新情報をお伝えしています。
本来金融機関に歓迎される筈の人物なのに、お金を借りる事を断られてしまう具体的なケースもご紹介していますし、特殊な借り入れ事情にも迫ります。
借入を巡る状況は年々変化しています。

 

例えば、昔なら借り入れが難しかった高齢者も申し込みOKの金融機関が増えています。
確かに60歳で定年し余生を送るのが当たり前だった時代とは異なり、会社を辞めた後新たな職を見つけ働く高齢者が増えています。
安定収入があれば60代でもお金を貸してくれる借入先もピックアップしました。

 

また、借り入れ先を選ぶ時は利息に目が行きがちですが、実は利息以外の諸々の条件こそ重要です。
例えば、遅延損害金の利率はどこも似たり寄ったりですが、三菱東京UFJ銀行カードローンとオリックス銀行カードローンの2社だけは飛び抜けて低く、過去に延滞トラブルを起こした経験のある方には狙い目かも知れません。

 

もちろんお金を借りる以上キャリアに傷をつけない為にも延滞トラブルは絶対に起こすべきではありませんが、こういった万が一の事態のことも考慮して借入先をチェックしてみて下さい。

 

 

借入先に歓迎されるのはこんな人!!

借入先が歓迎する人物像をある程度把握した上で、ご自身にはその要素がどれぐらい当てはまるのかチェックしてみると審査前の参考になるかも知れません。
借入審査で見られる項目は多岐に渡りますが、人物像の評価は属性審査と呼ばれるものです。
属性審査では勤務先を中心にどれぐらい勤めているのか、勤め先でのポジション、既婚かどうか、子供の有無、住宅ローンの残高などがじっくり調べられます。
とにかくプラス評価されるのは、余計な借金がなく手堅い職業で安定収入を得ている人間です。
余計な借金の中には他社借入はもちろん、住宅ローンや教育ローンも含みます。
賃貸物件よりも持ち家に住んでいる方がプラス評価される可能性はありますが、住宅ローンの残高次第では「ローンの返済で借入の返済が滞るかも知れない・・・」と警戒されることもあります。
親から譲り受けたローン残高なしの持ち家住まいなら、文句無しの属性です。
ちなみに、金融機関側は申込者が思う程収入の高さを気にしていません。
もちろん低収入よりは高収入の方が安心して貰えることは確かですが、収入が良いのに借入を申し込むとなると金遣いの粗さを疑われてしまいかねません。
なぜ充分な収入があるのに借入が必要なのか、理由次第ではマイナス評価に繋がります。
更に安定収入があっても知名度があまりにも低い職種やいわゆる水商売は敬遠されます。
また、一般社会では結婚し子供もいる人物だと世間の信頼を得やすいようですが、借入の世界では子供のいる既婚者は何かとお金もかかる為自由になるお金が多い独身者の方が歓迎される傾向にあります。
20代後半から30代の独身で、安定収入をお持ちなら借入先に歓迎されるでしょう。

 

 

収入よりも借入金額の方が多い

借入審査は世間一般の評価とは微妙に異なりますから、いわゆる高い属性とされるエリートでも借入申し込みを断られてしまう可能性は充分にあります。
属性が高いと評価される上場企業に勤めるサラリーマンや教師、公務員で500万円以上の年収があっても申し込みNGになる確率が高いのは、収入よりも借入金額の方が多いケースです。
大体年収の3分の1を超える借入は危険視されますから、もし年収500万円なら160〜170万円以上の借入を希望すると警戒されます。
既に複数の借入先から100万円以上のお金を借りている場合もマイナス評価に繋がります。
確かに充分な収入があるのに、なぜ借入が必要なのか素人目にも疑問に感じますよね。
「自分はステイタスが低いから借入も自信がない・・・」と不安を抱えている方も少なくありませんが、例え年収が低くても安定収入を長年に渡り得ているなら問題ありません。
例えば年収200万円でも融資希望金額が10万円、20万円程度の少額なら、属性の低さを気にすることはないでしょう。
最近は正社員雇用が難しくなり、申し込み者の大半は非正規雇用者と言われています。
お金が必要な時、金融機関を頼れないとなると友人、知人、身内に頭を下げなくてはなりませんが、それは最終手段に取っておきましょう。
金融機関のキャッシング、ローンなら多少の利息を支払うだけで生涯恩をきせられることもなく、ビジネスライクに必要金額を調達して貰えます。
無謀な申し込み、借入はよろしくありませんが、思い込みで借入を諦めることはありません。

 

 

借入先とトラブルを起こしたことがある

借入先は審査プロセスで申込者の属性に対して冷酷にジャッジを下します。
例えば収入が不安定な農業や漁業従事者よりも、会社員の方が高い属性は良く、その会社が上場企業なら更に高く評価される・・・という具合です。
ただ、最終的にお金を貸して貰えるかどうかは多岐に渡る審査項目を総合的にまとめて判断されますから、高い属性の申込者が借入を断られてしまい、低い属性の申込者の融資が許可される可能性も充分にあります。
いわゆる高属性の申込者が借入を断られてしまうケースの代表は、過去の金融トラブルです。
後々までダメージが及ぶ金融トラブルは債務整理などの金融トラブルで、もしこういった金融事故を起こしてしまっていたら5年から7年程度は新たな借入は難しいでしょう。
どんなに高い属性の人物でエリートでも、金融機関はこういった経歴を持つ申込者に対してはほとぼりが冷めるまでお金を貸すことはありません。
また、ちょっとした金融トラブル・・・返済遅延にも要注意です。
いわゆるブラックリストと呼ばれる個人信用情報機関に延滞の事実が記録されるのは、返済日から3ヶ月以上経過した場合です。
ただ、たった1日でも返済日が過ぎれば記録として個人信用情報機関に情報が残される可能性はあります。
延滞期間に関わらず、お金を貸した金融機関側としては間違いなくマイナス評価を下します。
友達同士でも、お金を返す約束を1日でも守らなければ「信用ならない人物」と警戒してしまいますよね。

 

 

警戒される借入ブラック

借入申し込みを前に「自分はエリートだから大丈夫」とまったく不安を感じていない方も少なくありませんが、属性が高くても審査ではねられてしまう可能性があるので油断は禁物です。
例えば、いわゆる借入ブラックなら上場企業に長年勤めたキャリアがあっても、ローンが完済した持ち家であっても、「NO」の審査結果が出る可能性が高いでしょう。
借入ブラック、申し込みブラックとは、短いスパンで立て続けに、あるいは同時に複数の借入先に融資を申し込むことです。
同時に申し込む場合はすり抜けられる可能性がありますが、短い期間に次々に新たな借入申し込みを行うと確実に警戒されます。
具体的には1ヶ月間に申し込み先が3件以上ある場合、審査をクリアすることができず慌てて違う金融機関を打診した・・・と綱渡りの事情が相手にも透けて見えてしまいます。
融資を希望している人間は全員お金の事情を抱えていますが、あまりにも焦っている場合変に勘ぐられてしまいます。
最近は貸してして貰える可能性があるかどうか、事前に簡易審査を受けられる金融商品が増えていますが、この簡易審査も個人信用情報を閲覧するタイプのものだと「1社申し込み」とカウントされてしまうので要注意です。
年収200万円前後で非正規雇用だと審査で落とされるのではないか、と申し込みをためらってしまうかも知れませんが、過去に融資を受けた経験もなく1社以外に申し込みもしていない場合そう悲観することはありません。
年収や雇用形態でマイナス評価されても、少なくても借入経歴はクリーンなわけですから。

 

 

転職、開業直後の借入申込者

世間も羨むエリートなら確実に借入OKかと言えば、そうとは限らないのが面白いところです。金融機関の借入審査でも、いわゆるエリートは高く評価されますが、いくら一流企業の社員でも入社したばかりだと勤務期間の属性でマイナス評価されてしまいます。
しかも、一度入社した以上会社に骨を埋め60歳の定年まで勤め上げるのが当たり前だった一昔前とは異なり、最近は5月病になるのを待たずに入社してすぐに辞めるケースも目立ちます。
実際、新入社員には強いプレッシャーがかかりますから登校拒否ならぬ通勤拒否反応に悩まされるケース、5月病をこじらせて本格的なうつ病を発症するケースも後を絶ちません。
従って、上場企業であろうと数年間は勤め続け、安定収入を実際に得続けている実績がないと借入を渋られてしまう恐れがあります。
逆に無名の規模の小さい会社でも、10年20年以上真面目に勤務を続けている人物なら、「融資しても問題ない」と判断される可能性は充分にあります。金融機関の借入ローン、キャッシングサービスを利用したくてもご自身のステイタスに自信がなく申し込みをためらっている方も少なくありません。ただ、審査は総合評価なので一概にエリートだから有利とは限らないことを覚えておいて下さい。
その他、自営業の方は開業後すぐ借入を申し込むのは控えましょう。例えばエリート指数が高い開業歯科医であっても、売上が安定するまでは金融機関側に警戒されてしまうので公庫など違う資金調達先を検討した方が良いかも知れません。

 

 

同居家族の借入履歴

自他共に認めるエリートなのに借入の申し込みを断られてしまった場合、大変なショックを受けることと思います。
実は一流企業、上場企業に勤める正社員でも、油断は禁物です。
過去に金融トラブルを起こしているケース、既に返済能力を疑問視される程高額の借入を重ねているケースは「NO」の審査結果を突きつけられてしまう可能性大です。
また、本人にマイナス要素がなくても同居家族の借入履歴に問題がある場合も、審査をクリアできない恐れがあります。
同じ屋根の下で暮らしていない親兄弟に関しては、いくらブラック履歴があろうと原則審査には悪い影響を及ぼさない筈です。
個人信用情報機関に照らし合わされるのは、あくまで申し込んだ本人の記録ですから。
ただし、経歴に問題のある身内と同居している場合、そして同居家族の金融トラブルを金融機関側が知ってしまった場合、マイナス評価される可能性は否定することができません。
また、銀行の借入サービスを利用しようと予定している場合、申し込もうと考えている銀行の保証会社にも配慮しなければなりません。
例えば三菱東京UFJ銀行やじぶん銀行、セブン銀行の借入サービスならアコム、ジャパンネットならSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証会社です。
本人はもちろん、同居家族がこの保証会社とトラブルを起こしている時は、やはり申し込み銀行にも貸し渋られてしまう確率が高いと覚悟しましょう。
審査でなぜダメだったのか、金融機関側が公表することはありませんが、こういった理由でNGが出るケースもあるというお話です。

 

 

無職の主婦でもキャッシング

旦那の収入に甘えて、これまでに一度も働いたことのない主婦です。
あてにしていた旦那の収入が減ってしまい、私はこれまで同様の生活レベルを保つことができなくなり、お金に困ってしまいました。
働いてお金を稼ぐ方法がありますが、これまでに一度も勤務した経験が無く、体力も無いので無理があり、旦那も世間体を気にするために外で働いて欲しくないと言ってくるのです。
しかし、カードで買った美容品の支払いに追われ、大好きだったアンティークカフェでお茶ができなくなり、靴がはげても新しい靴を買えないことに不満を抱き、主婦向けのキャッシングをすることにしました。
旦那に相談をして、専業主婦でもキャッシングができる低金利の銀行を紹介してもらいました。
収入が無くても貸し付けてくれる上に、低金利な点が、銀行の魅力です。
服飾品などの買い物のために買いたいと告げると、専業主婦でもすんなりと審査に通過してお金を借りることができました。
お金を受け取った時の、ほっとした安堵感は忘れられません。
これまでにお金のない生活をしてきただけあり、お金を借りた時は、解放感のような嬉しさがありました。
買い物をしてストレス解消もでき、旦那が渡してくれる生活費の中から月々少額を返済しています。

 

 

即日融資の仕組みと注意点

近年、インターネットの発達やスマートフォンの普及などで消費者金融会社からのキャッシングが非常に便利になっています。
その中でも、「即日融資」というシステムはこの影響を最も大きく受けているものではないでしょうか。
この仕組みは非常に便利です。
今回はその理由と「即日融資」の仕組みについて簡単に説明していきたいと思います。
ぜひ参考にしてください。
即日融資とは読んで字のごとく、「申し込んだその日に借入を受けることができる」サービスです。
大手の消費者金融会社のほとんどがこのサービスを展開しており、その金利や借入にかかる時間も大差ない場合が多いです。
多くの場合、金利は4.5%〜18%で推移しています。
また、前述したインターネット・スマートフォンの普及により借入にかかる時間も最短30分で借りることができるところもあります。
ただし、借入を受けたい金融機関に事前に契約・審査などの手続きを通しておくことが条件のようです。
コンビニのATMでの借入・返済も可能というサービスを提供している会社もあり、ますますその利便性は高まっていると言えます。
即日融資は非常に便利なサービスであると同時に、「もろ刃の剣」だとも言えるでしょう。
簡単に借入を受けられる分、しっかりとした返済計画と冷静な判断力を常に持っておかなければなりません。

 

 

関連サイトの紹介

 

主婦・専業主婦キャッシング!低収入でもお金を借りるのは可能?

 

こちらは管理人は運営する金融系姉妹サイトです。
専業主婦でも借入可能なキャッシング会社について紹介しています。
貸金業規制法の総量規制の影響で、収入のない方は、消費者金融ではお金を借りることができません。
このサイトでは銀行系を中心に、主婦が即日融資をうけるための方法について解説しています。
よろしければ訪問してみて下さい。

更新履歴